予兆検知ソリューション解析サービス市場3年連続シェアNo.1

目視検査・不良品判定などの業務を
AIでよりスピーディ&正確に
AI外観検査・画像解析システム「Impulse」

まずは資料をダウンロード

  • ※デロイト トーマツ ミック経済研究所『予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2019〜2021年度版』「解析サービス市場」

Impulseとは

製造・生産現場における目視検査・不良品検出を
AIでよりスピーディかつ正確に

「Impulse」は機械学習技術の実用化を目的に、2014年市場に先駆けてリリースされ、数多くのお客様の「現場で鍛え上げられた」異常検知ソリューションです。高度な分析技術を持ったデータサイエンティストだけでなく、機械学習技術を容易に導入・運用するためのアーキテクチャや機能によって、幅広いユーザーが利用できるプラットフォームとなっています。

部品や製品、パッケージなどの微細な異常・不良を検出する最新のアルゴリズムを兼ね備えたAI外観検査システムによって、製造・生産現場における様々な外観検査工程をAIによって強力に支援いたします。

外観検査における様々な課題にアプローチ可能!

  • 製品・資材・パッケージなどの外観検査

    傷・打痕・バリ・欠け・鋳巣・塗装ムラ・湾曲・凹凸・など、様々な異物を検出。出荷する製品や資材等の品質向に貢献。

  • 微細な異常の検出

    細かな傷・擦れ・湾曲などを最新の外観検査アルゴリズムによって検出。従来の精度では諦めていた微細な判定・不良品検出も可能に。

  • 複数の撮像による異常検出

    複数の角度・方向からの撮像に対する総合判定によって、より正確に異常を検出します。深さ・奥行きなどの外観検査にも対応。

  • 3Dデータを用いた異常検出

    3Dデータ(CADデータ等)と完成品を比較した外観検査・不良品検出・不良判定も可能。出荷する製品の品質を担保します。

まずは資料をダウンロード

外観検査・目視検査でのよくある課題

目視検査に時間・人手がかかる

目視検査に時間・人手がかかる

品質担保の観点から検査の工程は外せないが、人による目視検査では時間・人手といったコストがかかる。これらをより効率的に行うことで生産性を向上させたい。

検査員によって精度にバラつきが出る

検査員によって精度にバラつきが出る

熟練のベテラン検査員とそれ以外では検査の精度にバラつきが生じている。これらをAIによって自動化したり、他の検査員にベテラン検査員の勘やコツを可視化してバラつきをなくしたい。

既存の目視検査や外観検査装置では検出できない

既存の目視検査や外観検査装置では検出できない

人間による目視検査だけでは発見しきれない異常もAIによる多角的な分析から、より正確に異常を捉えたい。目視検査と併用して検出の精度を高めたい。

既存の外観検査装置の精度が芳しくない

既存の外観検査装置の精度が芳しくない

既に外観検査装置を取り入れているが、検出の精度が思うように出ないため、結局目視検査が必要となっている。または過検出が多く、再度の検査工程が必要となっている。

このような課題をImpulseが解決します

point1 AIによって外観検査工程の自動化・効率化を実現

外観検査の工程にAIを活用することで、コンピュータが自動的かつ多角的に分析し、微細な異物や不良などの異常をリアルアイムに判定します。AIの活用によって外観検査における省人化(コストダウン)や検査工程のスピードUP(業務効率化)、品質改善など、様々なメリットを生み出します。

AIによって外観検査工程の自動化・効率化を実現

point2 現場で鍛えられた効率的な学習プロセスを実現

2014年市場に先駆けてリリースし、数多くのお客様の現場で鍛え上げられた「Impulse」。外観検査の分野においても大手製造業を中心に多数の導入実績を有しています。外観検査という特性上、ホームページ等ではご紹介できない実績もございますため、詳しくはお取組みの際にお問い合わせください。

現場で鍛えられた効率的な学習プロセスを実現

point3 AIによる多角的な分析によって未知の異常も検知

AIによる高速かつ多角的な分析によって、人による目視や従来から利用する既存の外観検査装置などでは捉えられなかった微細な異物や不良をも、リアルタイムに発見します。APIやSDKの公開も行っており、より柔軟な活用方法のご提案も可能です。また不良検出時のアラート等のカスタマイズ等もご相談ください。

AIによる多角的な分析によって未知の異常も検知

point4 最新の外観検査アルゴリズムによる高い検出精度

AI外観検査システム「Impulse」のアルゴリズムは常に現場に即した形でアップデートしています。特許取得のこれまで精度の出なかった外観検査も最新のアルゴリズムで解決します。AutoML(特許第6315528号)は、複雑で膨大なデータの特性を自動的に分類し、標準アルゴリズムを用いたシミュレーションにより、最適な分析モデルを導き出せるようにするための機能です。

最新の外観検査アルゴリズムによる高い検出精度

主な機能特長

  • 人手じゃないから大量の撮影データも分析可能

    その1

    人手じゃないから大量の撮影データも分析可能

    従来は人手に頼っていた目視検査の業務を「Impulse」が代行。検査にかかる業務負荷を大幅に低減できます。

  • 撮影データの前処理機能も充実

    その2

    撮影データの前処理機能も充実

    画像から異常箇所の出やすい領域を自動で抽出したり、撮像状態を自動で補正する様々なデータ前処理機能が最初から備わっています。

  • ダッシュボード機能で改善の見える化

    その3

    ダッシュボード機能で改善の見える化

    判定結果の集計・見える化を行うダッシュボード機能を提供しており、日々の改善業務に簡単に取り入れることができます。

  • 画像データだけでなく、動画データからの検出も可能

    その4

    画像データだけでなく、動画データからの検出も可能

    Impulseは動画データの分析も可能。動画による外観検査に加え、作業の抜け・漏れ・ミスなどの検出も可能です。

製品に関してご関心ございましたら、
まずはお気軽にご相談ください

選ばれる理由

  • 現場で鍛え上げられたノウハウを詰め込んだアルゴリズム

    現場で鍛え上げられたノウハウを詰め込んだアルゴリズム

    幾つものプロジェクトで研かれたアルゴリズムが利用できるから、悩むことなく精度が出ます。

  • 撮影から日々の改善まで
                  一貫して実現

    撮影から日々の改善まで
    一貫して実現

    撮影・モデルの学習・判定・見える化までをImpulseで完結。他のソフトウェアは必要ありません。

  • カメラの設置から運用支援まで弊社技術者が丁寧にサポート

    カメラの設置から運用支援まで弊社技術者が丁寧にサポート

    悩みがちなカメラ設置・精度のチューニング、日々の運用までを専門の技術者が継続してサポートします。

Impulse導入までの流れ

解決したい課題やテーマによって、最適なアプローチは異なりますが、まずは実際のデータを用いた検証を行い、実現性や精度を検証します。
データ取得はこれからという場合におけるアドバイスや、現状のデータ内容で良いか不安…という方もお気軽にお問い合わせください。

  • step1

    課題の明確化
    お問い合わせ

  • step2

    プレ分析 or
    実現性検証(PoC)

  • step3

    精度向上と
    トライアル運用

  • step4

    本番稼働

導入に向けたアドバイス

まずは機械学習によってどのような課題を解決したいのか明確にし、テーマを絞ります。複数のテーマを同時進行させる場合もありますが、社内での承認やプロジェクトを円滑に進めるためにも、スモールスタートさせる方が最終的に本番稼働にまで到達するケースが多いです。

なお、現状収集しているデータでも問題ないか、精度は出るのかといった不安をお持ちの方は、ぜひ無料データ分析相談をお申し込みください。

こんな方におすすめ

無料データ分析相談は下記のようなご状況のお客様からご好評をいただいています。

  • 現在収集しているデータでもAIによる外観検査が可能か知りたい
  • 実現性検証(PoC)の前に、分析精度が出そうかどうか、不足データはないか確認したい
  • 自社課題において、今後どのような流れで進めるべきかアドバイスが欲しい

ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料データ分析相談のお申込みはこちら

よくあるご質問

  • Q. ×××××××××××
    A.
    ×××××××××××
  • Q. ×××××××××××
    A.
    ×××××××××××
  • Q. ×××××××××××
    A.
    ×××××××××××
  • Q. ×××××××××××
    A.
    ×××××××××××
  • Q. ×××××××××××
    A.
    ×××××××××××
  • Q. ×××××××××××
    A.
    ×××××××××××

製品に関してご関心ございましたら、
まずはお気軽にご相談ください

国内外からの評価

  • Certification

    AWS インダストリアルソフトウェアコンピテンシーパートナに認定

    「AWS コンピテンシープログラム」は、AWSの世界的なパートナープログラムであるAPN(AWS Partner Network)パートナーの中から、習熟した技術を持ち、専門的なソリューションエリアでAWSの顧客に価値を提供できることを実証したサービスが取得することができるAWSの認定プログラムです。「Impulse」は製造業分野での専門技術や市場優位性、顧客成功事例が評価され認定されました。

  • Evaluation

    予兆検知ソリューションの解析サービス市場で3年連続シェアNo.1を獲得

    株式会社ミック経済研究所が発表した『予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2021年度版』の解析サービス市場において、 Impulse(インパルス)がトップシェアを獲得しました。用途別市場では「ネットワーク運用障害検知」など、多数の分野において高いシェアをもつことが報告されています。

  • Award

    国内初APN Competency Partner of the Year -Industrial Software- を受賞

    本アワードは、AWS Partner NetworkのCompetency Partnerの中から、製造業において優れたビジネス功績をあげた企業が授与されます。製造業のお客様において品質要因分析や外観検査、生産工程の異常検知など、数多くの商談を獲得し、外部調査での実稼働数は予兆検知市場で国内トップシェアを獲得された点が高く評価され、当社が国内初の受賞となりました。

  • Certification

    Gartner, 2018 Cool Vendors in Performance Analysis, AIOps Focus, Padraig Byrne et al., 4 May 2018

    2018年5月4日にガートナーが発行した「Cool Vendors in Performance Analysis, AIOps Focus, 2018」(Padraig Byrne 他共著)レポートにおいて「注目ベンダー」リストに掲載されました。

  • Award

    Interop Tokyo 2016「Best of Show Award」でクラウドサービス部門の特別賞を受賞

    Interop Tokyo 2016「Best of Show Award」のクラウドサービス部門において、Interop 初出展ながら、特別賞を受賞しました。OSSの積極活用、 クラウド化によるコストの低減化という点もさることながら、 機械学習の活用用途が十分に確立されていない中で、 強みのある分野にフォーカスし、 実用性の高いサービスを展開されていること、 ユーザーにとっての活用メリットが明確であることが評価されました。

製品に関してご関心ございましたら、
まずはお気軽にご相談ください

PAGETOP
Translate »